施工事例

一戸町 奥中山 T邸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「定年後は妻の好きな場所で、ゆっくり過ごす」


大手企業にお勤めで転勤を重ね、マンションや貸家住まいで働き尽くめだった
東京ご出身のT様ご夫妻。


奥様が若い頃、仕事の関係で約2年間過ごして以来、お気に入りだった
一戸町奥中山を終の棲家に選ばれました。

玄関とそれに続く土間は約10帖のスペース。そこに薪ストーブ、オーディオ、
電子ピアノが鎮座し、T様の好きなもので満たされた空間になっています。
過分に大きくなく、誇張することもなく、慎ましさを感じ、落ち着ける家。
そんなイメージをお持ちだったT様。


外観は簡素な片流れ。雪が多いので玄関と駐車場を近接。玄関は風除室的な
役割も持たせ、収納も豊富に確保しました。


時間があれば登山に行っていた旦那様、陶芸が趣味の奥様。
土間が生活の主たる場になる事を想定し、リビング、和室と一体空間となるよう
引込み戸やブラインドで柔らかく仕切りました。


暖房は薪ストーブのみですが、弊社の断熱気密性能、そして杉の無垢板で、
床暖房でもないのに足元が暖かいのに驚きです、と奥様。


同居している愛犬、愛猫にも優しい家となり、またお盆には集まる3人の
娘さんたちにも好評をいただいた家となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*